最近のトラックバック

« やすうけあい | トップページ | そんなわけで »

ハシゴ

行ってきました!!

 
130509_111401 国立新美術館の「貴婦人と一角獣」展!!
 
……よかったあ………
「貴婦人と一角獣」というのは、フランスのお城で発見された製作者不詳のタペスリーの連作(正確には「連作だろう」と目されている。あらゆることが謎なので)。
 
展示の仕方がいい感じで、入ってすぐにもったいぶらずにどおーんと6枚のタペスリーが一望。
 
そのあと1枚ずつじっくり観たあとで、プロジェクター6台を使ったオマージュ的展示があって、そのあと関連美術品や博物品の展示。
 
展示物すべてが、メインの「貴婦人と一角獣」をより深く知るためのキイになっているような構成で、他のものを観たあとでもう一度メインに戻りたくなる(しかも順路の構成上戻れるようにもなっている素晴らしさ)。
 
なにがズルいってアナタ、イヤフォンガイド!!
 
解説:池田昌子さん
朗読:池田秀一さん
 
つまり、↓
 
解説:ウルトラの母
朗読:シャア・アズナブル
 
これは聴きますよ!!
 
ミュージアムショップも大満足で、図録、ポストカード、クリアファイルにマグネットまで買っちゃいました。
そして、上野へ移動!!
 
130509_142001 東京国立博物館「大神社」展も観ました!!
 
こちらは……。
 
実は、目的のひとつだった「平家 納経」の展示が6日で終了、観られず…。
 
あと、ちょっと期待が大きすぎたせいか、あるいは一角獣でパワーを使い切ったせいか、思ってきたほど楽しめなかったです……。
 
 チラシとかを観るに「美術展」としての展示らしいのですが、思うに、お寺さんとかのこういう展示は「仏」というものに集約した信仰があって、物体が移動してきても、ある種のありがたさが感じられます。出開帳が成立するのはそのためでしょうね。
 
 でも、神社というのは、古代信仰のころから「場所」や「位置」というものにありがたさが宿っている気がします。
 だから、それらが一堂に集まる、という企画では、そんなに言うほど「神社パワー」が発揮されていないと感じたのかもしれません。
 
 島、とか、岩、とか、木、とかじゃない?ご神体とか、信仰の元になるものって。これは持って来れないし、もって来れないからこその素晴らしさなんでしょうね。
 
 偶像化した「神」の展示もありましたが、美術的というよりは博物的で、だったら、ある種の「場所」の力を発揮して、どこから来たどんな来歴のものかをもっと展示に生かしてほしかった気がします。あくまで個人の意見ですが…。
 
 でも、この展示で知った神社に、いつか行ってみたいと思います。
 
 今年遷宮するお伊勢さんにも、近いうちに行きたいです。
 
 で、大神社展のあと…
 
130509_155002  
上野動物園!
 
フクロウの食べてるエサがキモかった!!
 
以上です!
 

« やすうけあい | トップページ | そんなわけで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134751/57364695

この記事へのトラックバック一覧です: ハシゴ:

« やすうけあい | トップページ | そんなわけで »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ