最近のトラックバック

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

はしる

一昨日、平塚市博物館の塚田さんと食事をしていたら、塚田さんがかつて見たという夢を教えてもらった。

 
ペガスス座に描かれている、いわゆるペガサスを、多くの場合「羽根の生えた馬」と表現することになるわけだが、塚田さんは夢の中でペガサスに「俺は天馬であって、羽根の生えた馬じゃねえ」と怒られたのだそうだ。
 
なるほど、たしかに天使は翼の生えた人間というわけではないのだから、天馬は天馬であって、羽根の生えた馬ではない。
 
 
…と、そんな話をしながら、僕はトウショウボーイという馬のことを考えていた。
 
トウショウボーイは「天馬」と呼ばれたスターホースで、テンポイント、グリーングラスと共にTTG時代を築いた名馬である。
 
僕は、「自分はトウショウボーイのようでなければならない」と、よくわからない目標を日々掲げているが、この3頭の中で僕が好きなのは「貴公子」テンポイントである。
 
 
…なんてことを思っていたら、今日のニュースでトウカイテイオーが亡くなったことを知った。
 
トウカイテイオーは、本当のスターである。
 
本当のスターとは、自分の一番ドラマチックなところでドラマチックな活躍をできるもののことである。
 
テンポイントが連敗からトウショウボーイに勝った時のように。オグリキャップが引退戦でメジロライアンを抜き去った時のように。
 
トウカイテイオーは、古馬になってから、故障により1年間休養した。
能力のありすぎる馬は故障に悩まされる。
実はサラブレッドという馬は、人間が数百年程度で無理矢理配合した生き物であることもあって、生物的に欠陥が多い。
消化器系も弱いし、近親こう配であるから体質も弱いものが多い。
 
早く走ることを追求したために足が細く、自分のスピードに耐えきれないことも多いのだ。
 
療養後、トウカイテイオーは有馬記念で復帰する。
前哨戦を踏まずに本戦出場である。相手は全14頭中8頭がG1馬。つまり時代の最強メンツである。
 
その有馬でトウカイテイオーは優勝する。
 
ここがスターである。
 
父シンボリルドルフは強すぎるスターだった。その皇帝の子の帝王は、逆境を越えるスターだったのだ。
 
直線最後の競り合いになったのはビワハヤヒデ。ビワハヤヒデの鞍上は、かつてテイオーに乗ったこともある岡部。岡部はテイオーの父ルドルフの主戦騎手でもある。
そして、テイオーの次に顕彰馬に選出されたのは、そのビワハヤヒデの弟・ナリタブライアン。因縁までもがスターである。
 
そしてゴール後に、テイオーの騎手の田原が男泣きするのがまた感動する。
 
みんな20年も前の話である。
時間は経って、時代は変わって、トウカイテイオーは昨日、心不全で亡くなった。サラブレッドとしては、天寿を全うしたといえる25歳。
 
ドラマはまだ続いていく。生きている馬の血の中や、生きている人の心の中で。
 

平塚公演!

雑貨団シアトリカル・プラネタリウムmission28

「ソラヲトープ」平塚市博物館公演!!
 
 &
 
平塚市博物館×雑貨団
プラネタリウム番組「宇宙を夢みて」
特別投影&舞台挨拶会
 
でした!!
 
P1060044  
「宇宙を夢みて」特別投影後の、夢の舞台挨拶写真です!!
 
映画とかのコマーシャルでよく見るやつです!!
 
いつものように、僕は写ってないですが………。
ワークショップとかの写真でも、僕はほとんど写ってないんですねー。後々いなかったことになってたらどうしましょうね。
 
のべ1800人の方々にご覧いただいたこの作品は、未熟な雑貨団に、本当にたくさんのことを学ばせてくれました。
 
ありがとうございました。
 
 
マチネ公演→舞台挨拶→ソワレ公演という流れで、今日はかなりエネルギーを使いましたが、とても楽しい一日でした!
 
ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。
 

まつりのまえ。

本日は午後から平塚市博物館にお邪魔して、仕込み→テクリハ→ゲネプロの流れ。

 
いやー、高速道路に乗ったら速かったわー。当たり前だわー。
 
 
で、スムースに予定を終了。
 
明日は昼公演の後、「宇宙を夢みて」の特別投影があり、そのあと舞台挨拶をさせていただいて、それから夜公演というフェスティバルな状態。
 
初めて平塚でホテルを取って宿泊!
 
なのでほぼはじめて平塚でアルコール摂取!いつもはクルマだから…
 
珍しくちょっと大丈夫かな?ってくらいに呑んでしまいましたが、ちゃんと帰れたし、ちゃんとその後、舞台挨拶用のスライドショーをつくって、台本を塚田さんに送りました!塚田さんに送る頃には7時過ぎてましたが……
 
そんなわけで、明日はフェスティバル!!
 
写真はちょっぴりレアなゲネプロバージョン。
 
P1050742  
本番ではブルーのバンダナの麦芽さんは、ゲネではいつも赤いのです。
 

お経

ところで、読経はいいものだ。
 
お坊さんならば、きっと一回一回に心を込めて、意味を咀嚼しながら読まれることと思うが、僕はソラソラスラスラと読む。あるいはなぞる。
 
無心になるのにちょうどいいような気がする。
 
 
中学生の頃は学生服の胸ポケットにいつも般若心経のポケット判を入れていた。
 
今は、中尊寺のお土産に母にもらった扇子に、経文が金字でしたためられている。
 
 
いいことも、わるいことも、多すぎないということが大事であるとは、このごろよく思う。
「対価」のバランスが取れていないとならない。
 
よいことを手に入れる分、努力をせねばならない。
楽して手に入るよいことは、必ず因果が却ってくるものなのだ。
 
 
お経は、はじめから空間には「無い」。
 
誰かが文字で書いた。誰かが唱えた。
 
そうすることで存在するが、「教え」というものは物体ではない。
 
「信念」も「学び」も、あるいは「執着」や「欲望」も、物体ではない。
 
しかしその想いは何かしら結晶して、物体になる。
 
そして、そのうちそれも消滅する。
 
ただ、それは虚しいものではない。
無を受け入れるというのは、死ぬことではない。生が有であり死が無なのではないから。
死も生もないのが無なのだ。そして、死も生も在るというのも無なのだ。
 
無無明亦無無明尽
 
 
お経は死者に読むものではない。死者は聴いていない。
 
生きているうちに読み、生きている人が聴いているのだ。
 

ひらつかひらつか

本日は平塚市博物館体験教室「宇宙飛行士になるには」に、雑貨団も参加です。

 
講師のお手伝いに加わったのは、オグとじゃっかる。
 
P1050482  
実際の宇宙飛行士が、選考試験や訓練で行うことを、ライトに体験してもらおうという楽しいワークショップ。
 
冒頭に博物館×雑貨団のプラネタリウム番組「宇宙を夢みて」を観てから、本日打ち上げ予定のイプシロンロケットの打ち上げ中継に注目。
 
…………。
 
P1050461  
おおう、残念、延期でした!
 
P1050499  
その後、講堂に移動して、さまざまなミッションをこなす小学生たちを温かく見守りました。
 
 
終了後、町田に移動して、稽古。
 
「ソラヲトープ」平塚市博物館公演も今週末!
今日は長野バージョンからのチェンジ稽古。
 
出入りが逆になるシーンが多いので、入念な確認です。
 
新たなギャグシーンも搭載されて、益々面白さを増していますよ!
 
 
平塚公演はおかげさまで予約が増えてきて、雑貨団サイトでのWEB予約は終了となりました。
博物館での電話予約はまだ若干ございます。
ご予約の方は平塚市博物館まで直接お問い合わせください。
TEL.0463-33-5111
 
P1050453  
木の花屋さんのきゃらぶき&わさび茎の茶漬け!!
刻みネギと七味のせ!
サイコーー!

おりかえし

 昨日の皆神山にて。
 

P1050415

 
 
 写真の真ん中へん、山の稜線辺りに………??
 
 あ、あれは、UFO!?
 それとも、オグの帽子!?
 
 そんなわけで、本日はツアー折り返し記念写真館です。
 
 
 まずは初日、東大和。
 
P1040905
 
 なぜか気取って写るツアーキャスト陣。
 
 続いて倉敷。
  P1050120
 
 箱馬から絶妙の距離で不気味な様子を出すキャスト。
 トイレから帰ってきたオグラ。赤い。
 
 長野。
 P1050288
 
 別に長野らしさは何もない写真。
 「宇宙を夢みて」のアリーフ役、ゆみちゃんが福岡土産にくれたにわか煎餅のオマケのお面をするりさっち。
 
 P1050329
 
 長野の空は少しずつ秋の気配……。
 
 さあ、次は30日の平塚公演!
 
 昼&夜の公演プラス、なんと間に「宇宙を夢みて」の特別投影という盛りだくさんの内容!
 ハッキリ言って「雑貨団の日」です!公共施設をこんな目に遭わせていいんでしょうか!!
 
 しかも、なんと明日は平塚市博物館のイベントにもゲスト参加の予定です!
 
 一生懸命がんばります!!

長野観光

P1050299

実家のあさがおももう終わりのようです。
 
朝食(豪華)を食べ、みんなと合流。
 
博物館で荷物を積んで、観光!!
 
P1050321  
善光寺門前のおすすめ、八幡屋磯五郎!
イチオシの長野土産、なんといってもここの唐辛子グッズです!
 
さらにこのやや下にある漬け物屋さん、木の花屋(このはなや)さん!
店内で地元が同じの店員さんにあつく木の花屋さん愛を語ったところ、お菓子までもらってしまいました。
 
下って、大正年間に建てられた建物のカフェ兼ギャラリーでお茶をして、ここまでがフツーの観光で……
 
こっからUFO基地に迫ります!!
 
「皆神山」
 
知る人ぞ知る、ミステリースポット………
 
なんとここは人為的に作られたピラミッドだという………
 
いやー、でも、どっからどう見てもフツーの山ですけど……
 
ああ………あああああああ!!
 
P1050425_2  
書いちゃった! byリベロ
書いてあります、間違いありません、ここはピラミッドです(笑)
 
普通〜の山道を上っていった先に、急に開けて、これだけある感じがなんともすごいです。
 
P1050431  
あきちゃんは神社でおみくじを引きました(奥の方に写ってます)。
 
なかなかのスポットです、皆神山。
 
解説の看板によると、
 
皆神山の造山方法は、ピラミッドのように人の労力ではなく初歩的な重力制御装置により、堆積土砂石を浮揚させ空間移動させるといったダイナミックな方法でした
 
 …なのだそうです………。
 
 なんだ「初歩的な重力制御装置」って……。現在の我々はまだ初歩にすらたどりついてないぞ……
 
 建造された理由は
 
墳墓ではなく地球上の各地や、宇宙空間への航行基地として造られたのです。
 
 …なのだそうです……。
 
 え〜と………
 
 
 出典は!!??
 
 …まあいいや、いいですね、僕も実家から1時間たらずのところに、宇宙船の発着基地にして重力異常地帯があるということを知って、満足です。
 
 さてさて、いつもながら公演レポートより観光レポートが長くなって、遅いお昼を食べたら、いよいよ帰京です。長野市立博物館のスタッフさんも、11時に「さよなら」と別れた雑貨団が、16時半にまだ隣の土産物屋で釜飯を食べているとは思いもしないでしょう。
 
 埼玉の渋滞を抜け、あきちゃんの凶の「死の宣告(ホントに書いてあったそうです)」にも負けず、一行は無事に帰宅しました。
 
 博物館スタッフの皆様、公演を観に来てくださった方々、本当にありがとうございました!
 
 次は平塚30日です!!

長野公演!!

「ソラヲトープ」長野公演です!!

 
130824_180402  
お迎え看板&長野限定のお迎えペンギンちゃん!!
 
写真を撮ってくださる方がいて嬉しかったです。
 
お席もなかなかに埋まって、公演スタート。
 
 
お天気もよくなってよかったです。
いつも観に来てくださる方々にもお会いできてよかった!
 
以前も書きましたが、長野公演で自分のコンディションは非常によくなります。
 
18歳まで培われた生物としての根本的な感覚が、この場所の気候や風土や、方位や景色や音で、ただしく調律され直すような感じが確かにあります。
 
ジョジョの59巻でいうなら「やはり 生まれ故郷はいい……ついてる」って感じです!!
 
終演後はファミレスでお食事!
公演に間に合わなかった石田くんも来たぜ!
 

豪華なごはん

長野、本日は豪雨と雷電。
ちなみに雷電という言葉は「雷」が音をさし、「電」が光をさします。
 
ためになるコバヤシブログをこれからもよろしくお願いします!!
 
 
あだしごとはさておき。
 
今日は、プラネタリウムで仕込みから、テクリハ、ゲネプロまで。
 
 

長野は実家がありますので、ご飯が豪華です。 

※実家=ご飯が豪華かは個人差があります。
 
130823_2319010001  
・冬瓜とベーコンのスープ
・とんかつ、駒ヶ根ソースカツ丼ソースかけ
・お庭のナスやらなにやらの天ぷら、抹茶塩付き
・生ハムとオニオンスライスの、唐辛子&ガーリックオリーブオイルかけ
 
豪華!!
 
実家のうらやましいところは、狭いながらもお庭に野菜が成るので、収穫したものを料理するという楽しみがあるところです。
 
実家が近い人がうらやましいぜ!!
※実家が近い=ご飯が豪華かどうかは個人差があります。
 
明日は本番がんばるぞー。

いまから長野!

長野公演へ出発します!!

 
長野市立博物館プラネタリウム公演は、
 
明日24日の18時半から!!
 
道混んでないといいなー。
 
 
それでは行ってきます!&ただいま!
 

二日連続の足

まずは写真をご覧ください。

 
130822_192001  
これね、靴下が逆なんですね。
靴下のカカト部分が、足のコウの方に回っちゃってるんです。
 
で、なんで逆かというと、足の下に映っているサンダル。
 
このサンダルを履くと、知らないうちに靴下が回っちゃうんです。
 
別にそれがウリのサンダルではありません。
 
 
実は、僕は足の外側の方にものすんごく体重が乗ってるんです。
で、以前使っていたサンダルでは、足の小指側にタコができるほどだったのですが、最近新しいサンダルに換えました。
 
そのサンダルはフワフワのゴム厚のソウルだったのですが、やがて重心の偏りから外側だけが思いきり沈んでしまい、ナナメな履き心地になったのです。
 
でも体は真っ直ぐに立とうとするので、間にある靴下がするすると微妙に回転していくのです。
 
かくして、一定時間を置くと靴下は逆になっているのです。
 
…さらに同じ時間を過ごすと、もう半回転して(つまり一周して)、元通りになります。
 
こんなことやってるうちに、明日は長野に出発です。

チェンジ稽古

今日は稽古………

 
の、前に道路に、なつかしの「ダブル浅野」の文字を発見!!
 
…と思ったら違いました。
 
130814_1711010001  
 W浅埋。
 
 WはWaterです。水道管工事が進んできているのだ。
 
 
 で、倉敷→長野のチェンジ稽古です!
 長野は下手(しもて)に出口と、奥にドアという変則的な場所なので、なかなか面白い公演になります。ドアの使いどころがポイント。
 
 長野市立博物館は、なんといってもシアトリカル・プラネタリウム発祥の地という、雑貨団にとっては母なる大地。私にとっても母が住む大地。さらにいうとお母さんが観に来ちゃう公演。
 
 大人になっても参観日があるというのが、なんというかこの商売の因果なところです。
 
 

カレーうどん

一昨日、倉敷のうどん屋さんでお昼を食べたのですが。

 
オグの食べていたカレーうどんがすんごいおいしそうだったのです。
 
そこで決意しました、「帰ったらカレーうどんをつくる」と。
 
P1050226  
 つくったぜー。
 
 久々に料理できたので嬉しかったです。
 
P1050232  
 そんで白いTシャツにお約束の汚れが………。

かえり

昨日は大渋滞の末、1時半頃にホテルに到着。

 
今日は帰る前に、三保の水族館に寄りました。
 
P1050199  
深海魚大好きな僕とオグにうってつけの海洋科学博物館です。
 
P1050214  
サメ。
 
深海魚の写真は人によってはアレですので、ここでは割愛させていただきます。
 
 
そして横浜でオグを降ろして、またしても渋滞の末に20時半に町田に到着!
 
ただいまー。
 
 
ちょっぴり休んで、今週末は長野公演です!!
 

倉敷観光!

毎年のお楽しみ、倉敷観光です!

 
いつもはスタートと同時にバラバラに散っていくメンバーですが(仲悪いのか!?)、今年は午前中はなんとなく団体行動。
 
阿智神社をみんなで散策。
 
P1050161
写真は、藤の前でじゃっかるの写真を撮るまーちゃんの写真を撮るあきちゃんの写真を撮る写真です。
 
 
P1050178  
おぐが喫茶店で頼んだパフェとカフェオレ。
モモをひとくちと懇願するあきちゃんが面白かったです。
 
P1050182  
マルク・シャガールと、丸く・しゃがーむです。
 
P1050193  
コイのえさとして、転がっているおじさんを堀に投げ込む……わけではありません。
 
 
ここまでの写真で、ちっとも倉敷のよさをお伝えできていませんが、倉敷は本当に素晴らしい街なのです。
 
やがて新幹線組は駅へ。
帰りのクルマ組、僕とオグは倉敷科学センターへ戻って荷物を積み、関東へ向けて出発!
 
今日は静岡まで戻ります!
 

倉敷公演!

シアトリカル・プラネタリウムmission28「ソラヲトープ」

倉敷科学センター公演です!
 
昼間はみっちりと抜き稽古を行って、万全のスタンバイ!
 
ご予約も130人超で、開場時刻を繰り上げてのご入場〜。
 
ドーム傾斜型のスタジアムタイプは今回ツアーではここだけなので、動きや段取りもここだけのオリジナルバージョンがいくつかありました。
 
出演者も、機材操作の僕も、大変楽しく公演できました!
P1050051
写真はゲネプロバージョン。
 
 
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
 
 
終演後は、ホテルから歩いて20分くらいの居酒屋さんに。
 
P1050143  

倉敷リハ!

本日より倉敷科学センター入り!!

 
荷物を下ろして、いきなり通し稽古。
 
ソラヲトープはまだまだ稽古を重ねています。
 
通しの後に、プラネタリウムに入って設営→テクリハ→ゲネプロ
 
テクの打ち合わせが、実にスムース。
多く公演させていただいて、すっかりお互いの手の内が通じ合うようになっています。
 
 
前回会場よりも広くて、さらに倉敷科学センターは、今回のツアーでは唯一のスタジアムタイプの傾斜ドーム。
 
劇中でプラネタリウムの周囲を回るシーンが多いじゃっかるくんは、上ったり降りたりが大変です。
 
でも、プロジェクターも明るいし、位置もいい。照明が入っても消えないので、ライブキャストと映像の掛け合いもすっきり観られます。
 
これは本番楽しみだ〜〜〜。
 
 
「ソラヲトープ」倉敷科学センター公演は、
明日8月17日午後7時からです!!
※90分弱の作品です。お帰りの交通手段などを確保してお出かけくださいね!
 

いどうび!

去年タイヤを換えてもらったクルマ屋さんに行って、空気圧やらオイルのチェック。

 
照明のケーブル買い足し。
 
15時より倉敷に向けて出発!
 
なんだかんだで予定通りに午前1時に倉敷のホテルにチェックイン!
 
憊れたぜーーーー。
 

「ソラヲトープ」ツアーは、明日からクルマ組は、岡山県は倉敷に移動っ!

 
倉敷はメンバー一同大好きな土地なので、いまから楽しみです。
 
本当に、毎年日本の色んなところで公演ができることが幸せです。
 
僕の育った家は、もともとそんなに旅行をしない家で、僕自身も観光目的の旅行をほとんどしたことがありません。
 
「旅行に行こう」という発想のなかに、自然と仕事が含まれてしまうくらい。
 
 
自由旅行ももちろん素晴らしいとは思いますが、公演旅行の素晴らしいところは、なんと言っても、「日本のどこかに私を待ってる人がいる」ということです。
 
観光旅行は行っても行かなくても、到着地点のできごとは大きく変わりはしません。
だけど、旅の公演者が公演会場にたどり着けなければ、公演はできません。
 
僕はなんとなくそういう、旅でも存在感のあることに幸せを感じてしまいます。
 
温かく迎えてもらえるような、よい公演ができるといいなと思います。
どう考えても「良いもの」であるような作品じゃないですが。
 
今日は早めに休みます。
 
明日は9時間ドライブだー!

チェーーーンジ!

「ソラヲトープ」稽古日。

 
今日は倉敷バージョンにチェンジする稽古です。
 
シアトリカル・プラネタリウムはツアー作品なので、一度完成して公演しても、会場が変わると演出も微妙に変わります。
 
初演の東大和では、上手(かみて)にある小ドアを出入り口にして、あとは客席後ろに出ていくルートを設けていましたが、倉敷では両手が袖として使えるのに加え、客席は斜面になっているので、真っ直ぐ抜けるルートはなかなか使いにくいという違いがあります。
 
ドーム径も違うので、広さが変わる分、キャストが舞台に入って来るタイミングも変わります。
 
プロジェクターの性能も変わるので、映像も差し換えたり、リサイズをかけたりします。
 
ツアーの会場が変わるたびに、一回一回変更稽古を重ねて、バージョンチェンジするのです。
 
だから、ある会場で右から入ってきた人が、ほかの会場では左から入ってくるかも知れない。
ある会場では段の上にいた人が、次の会場では下にいるかも知れない。
 
会場ごと、ちょっとずつ違った作品になりながら、その場その場のベストを求めているのです。
 
 
とはいえ、今日の変更稽古は大手術だったので、大混乱の通し稽古でした。
 
午後にはオープニング、エンディング映像の書き出しも終わり、音楽も一部リミックスされました。
 
明後日にはクルマ組が出発。その次には新幹線組も出発して、倉敷に入ります!
 
倉敷のお客さま、
倉敷科学センターの皆様、
 
雑貨団をよろしくお願いします!

マンガも読んだけど

今日は一日家にいられたので、できるだけ体力回復に努めることに。木曜日は9時間ドライブコースなので、今のままではイノチニカカワル。

 
ぼへーっと、足を伸ばしつつ、サイトをこちょこちょと更新。
雑貨団landscapeのメインページとか、微妙に変えました。
 
あと雑貨団紹介ページに、メンバー写真をメンバーに無断で掲載。やめてよ!って言う人はきっとこの業界にはいない。「もっといい写真にしてよ!」って人はきっとたくさんいる…だってちゃんとした写真がぜんぜんなかったもの。
 
あと、「宇宙を夢みて」ページに、歌詞カードを掲載しました!
 
ご覧くださった方のから「ミュージカルの歌詞をちゃんと知りたい」というご意見をいただきまして、そのリクエストに応えて、pdfで置いてみました!
pdfなので、プリントアウトもすっきりイケるはず。
 
観てない人も、観られない人も、観ようかどうしようか迷ってる人も、これでなんとなく話の内容がわからんでもないです。
 
 
ところで、「宇宙を夢みて」には9のキャラクターが出てくるのですが、番組観覧後にアンケートを回収してまして、そのアンケには、キャラクターの人気投票がついてるのです。
先日途中経過を伺ったのですが、意外と面白い結果に。
 
おそらく雑貨団が舞台挨拶をさせていただく30日の特別投影で、ランキング発表があります。
83x83n838a815b839383v838783b83g81i2
 
主人公ナオちゃんはやはりトップなのか?
ソロ歌を持っているコスモ、飛行士は何位になるのか??
一番面積を取っている教官は?
低年齢層にアピールできるか、ユニ、アリーフ、ロボス、トロンの宇宙人陣営??
そしてご当地ファンを持つ解説員の順位は???
 
団員一同、ランキング予想をして発表を待ちたいと思います。

ひとりうちあげ

東大和公演が一昨日終わり、部屋で一人打ち上げ。

 
130811_1923010001  
タロウとバルキー星人もやってくる。
 
枝豆、ししゃも、長芋。
 
お酒は酔鯨。冷酒で。
 
 
次回会場のキューシートを書きながらの打ち上げです。
 

たろバル祭り

一昨日、公演前日………。

 
公演で使うライトを買いにヨドバシカメラに行きまして。
 
帰りに駐車場の前でウルトラマンギンガのガチャガチャを発見。
 
同じサイズのウルトラマンをほぼ揃えているので、新シリーズのギンガももちろんコレクションしたい!
 
ガチョガチョゴロリ。
 
 
……タロウ教官………。
130811_004502  
 
このガチャには4種類がエントリーされており、ギンガが2種類。確率的には、1/2。
 
本来僕はタロウが好きなので、まあ嬉しいはずなのだけど、このラインナップのタロウは微妙。理由はのちほど。
 
もう一度ガチョガチョゴロリ。
 
………ああああ………
 
………バルキー星人………!!
 
130811_004501  
ファンの間では「失敗レオ」として有名なバルキー星人でございます。
 
まさかのギンガじゃない方のヤツらコンプリート。
 
 
やな予感がしてきたところで、100円玉がなくなりました。よかった。
しかし、駐車料金を払ったら100円玉が発生。
 
やな予感がしつつも、確率的にはそろそろギンガが出てくるはず……!!
 
ガチョガチョゴロリ。
 
………あああ………
 
130811_004503  
♪ででってっててれれれ
 
タロウーーーー!!
 
(歌:武村太郎/少年少女合唱団みずうみ)
 
 
タロウ教官がダブってしまった……。
 
 
実はですね、さきほどのバルキー星人はタロウの最終回に登場する宇宙人なのです。
つまりこの2体でひとつの絵柄になります。
 
130811_004601  
↑こうですね。1体多いですが。
 
なのですが……
 
実は、この最終回の対戦のジオラマを、すでに持っているのです………。
 
130811_004602  
バルキー星人と言えば、この「後ろから羽交い締め」が有名です。本当です。
素早い動きで後ろに回り、サメクジラという怪獣にとどめを刺させようとしてるんです。
 
 
つまり、タロウ教官はダブったのではなく、トリプったのです!!
 
せっかくなので全部並べてみました。
 
130811_0047010001  
もう大混戦。
 
この後、タロウは「本当の勇気を見せてやる」と言って、変身バッジを捨て、人間のままでバルキー星人を倒してしまうのでした。
 
ウルトラマンの中に秘められたテーマはいつでも「人間の自立」ではないかと思うのですが、この最終回はそれをよく表しているなあと思ったりするわけです。
 
 
そしてウルトラマンレオがはじまるわけですが、レオの面立ちを見て「あれ、どこかで見たような……」となるわけですねー。
 
バルキーは……レオの失敗デザインを流用した宇宙人なのです……
 
 
結局、ギンガは出ずじまいでした…。

ソラヲトープ初日。

朝6時半に起きなければ…と思いながら作業していたら、5時半になっていた。

 
あれれ……。
 
でもコンピュータをバックアップしないと心配で眠れない。
さらに、小道具の部品をプリントアウトしようとしたら、インクが切れる。インクを換える。
 
でも、むりやり1時間は眠る。グーグー。
 
 
1時間なのに信じられない快適な目覚め。これぞ本番初日パワー。
ツアー初日は、自分でもなんだかよくわからない、ミエナイチカラ(invisible one)が湧いてきます。
 
 
9時集合、まさかの11時昼公演。
ほかの劇団さんなら、学校巡業でない限り、まずないであろう午前中公演。
 
そして初日にして2回廻しの15時公演!!
 
 
なんというか、イキオイで公演をやりきった雰囲気でしたが、細かな部品も、本番に向けてちゃんと揃って、滑りこみなりに万全でスタートできてよかったです。
 
特に2回目の公演の時は、反応のいいお客さまが多かったこともあって、キャストも盛り上がっているのが、スタッフサイドからも感じられました。
 
あ、ブログで書いてないですが、「ソラヲトープ」では僕はコンソールです。
照明と音響と映像とを両手で操作するという非常にカッコイイポジションです。非常にカッコイイですがお見せできなくて残念です。
 
 
そんなわけでついにツアーがはじまったシアトリカル・プラネタリウム「ソラヲトープ」
次は17日の岡山県は倉敷科学センター公演です!!
 
よろしくお願いします!!
 
 
ネ・ル・ゾ!!

東大和リハ!

東大和市立郷土博物館に会場入りしました!

 
本日は設営とリハーサル、そしてゲネプロまで!
 
 
シアトリカル・プラネタリウムを3番目に長く公演している館です。
 
勝手知ったるお互いということで、仕込みからリハーサルまで大変スムース!
 
無事に前日メニューを終え、万全の初日スタンバイです!
 
 
帰り道、中華料理屋さんに寄ったら、ついつい食べ過ぎて「おなかが出たー」「おなかが出たー」と言っている、明日の出演者オグラミツヒロと渡邉亜希子。
 
二人のおなかは明日どうなっているのか!!
それは明日の
 

倍速

でた、雑貨団名物倍速稽古。

 
「名物」と銘打っても、お客さまは見ることができないのです。
 
スピードアップして通し稽古を行う、恐怖のトレーニング、それが通称「倍速」。本当に倍になることはまずありません。
 
けっこう面白いので、いつかお見せしたいという気もします。
 
ソラヲトープの主人公ちゃんはちょっと舌の廻りがアレなので、お見せしたくないですが…。
 
 
なんやかやで、明日はもう初演の会場である東大和市立郷土博物館へ会場入り。
 
アベちゃん(←クルマ)の大活躍がはじまります!
初日は9日11時から!!
午前中かよ!

今日も今日とて

昨日に引き続き、通し稽古!

 
テンポの感覚が身に付いてきて、よりタイトに処理できるようになってきています。
 
 「役を生きる」という考え方があるけれど、それは見ているお客さんから見ての「実在感」であって、実際の役者さんの頭の中には、「言うべきセリフ」「するべき段取り」「果たすべき役割」というものが渦巻いています。
 
 演技というのは文字通り「技」なのであって、気持ちや生き方の問題ではないのだと、個人的には思います。役を推し量るという器には、もちろんその役者さん個人の人生や、学びが影響するとは思いますけどね。
 
 ま、つっても、雑貨団の作品なんて、役がどうこうなどと偉そうなことは、逆立ちしたって、さらにそのまま足で豆と包丁をお手玉しながらでも言えないですよ。
 
 でもソラヲトープは全体の雰囲気がよくなってきました。
 
 もうひと煮立てしたら完成って感じ!
 

通した稽古

通し稽古しました。

 
あっ、昨日は稽古場に平塚の塚田さん来ました。
シュークリームでした!!ありがとうございました!
 
いやー、正直、通せると思ってなかったからびっくりしたね!
 
しかもちょっと面白かったね!!
 
なんか、あれもこれもでボリュームあるね!
アニメ3回分くらいのお得なボリュームがあるけど、意外とペロリとイケそうだね!
 
超大作です!
お見逃しなく!

パーツ

シアトリカル・プラネタリウムmission28「ソラヲトープ」がまもなく!

 
MA・MO・NA・KU!!
 
「シアトリカル・プラネタリウム」というのは、雑貨団の造語で、「なんつーか、演劇とか、そういう劇的なものをプラネタリウムに持ってきて、ドラマチックなことが色々と起きてしまうようなプラネタリウム作品というのが、まあ、漠然といいと思うんだけどどうかしら?」の略称である。
 
そんでもって、雑貨団は劇団っぽい団体ではあるが、劇団というのはもっと演劇をまじめに考えていて、演劇を公演する団体であるので、雑貨団は劇団ではない。
 
なにより劇団というのはプラネタリウムの番組を作ったりしない。
 
シアトリカル・プラネタリウムも、演劇の効果を最大限使ってはいるけれど、映像やら、ダンスやらを放り込んで来るので、「こんなのお芝居じゃない!」と声高に叫ばれようものならば、すぐにその群衆に混じって「そうだそうだ!」と賛成してしまうくらいに、演劇ってまとめには賛成しない。日本語ヘン??
 
 
稽古も佳境に入り、ただいま急ピッチで映像部品が整えられ、キャストさんはそれらと融合するべく、限定公開モードでYoutubeにアップされた稽古用映像を見つめ、ブツブツとiPhoneとお話しするちょっとアブナイような人と化しているのだ。
 
エンタティメントはカオスこそ素晴らしい。
 
雑貨団は、煩雑ではなく、雑木林のような「雑」なる団体である。

追い込まれるのは誰だ

来週9日がソラヲトープ初日。

 
稽古は今日から会場入りの8日まで毎日。
 
大変だー。…とはいえ、もっと稽古する劇団さんはいくらでもいますよね。
ぶっちゃけウチはそんなに稽古量が多くありません。
 
多くないことがよいことではなくて、本当はもっと稽古しないといけないんだけど、いろんな理由で今のバランスに落ち着いている……のかな。
 
芝居パートだけでないので、稽古はこれくらいにしておかないと、ほかの部品を用意する時間がないってのもあるかも。
 
じゃあもっと早く稽古をはじめればいいのかな?
 
でも、そしたら今回で言えば先にやってる「アストロ☆バーベキュー」と「宇宙を夢みて」はもっと早いのか?
 
そうすると、去年にやってた子どもミュージカル「宇宙に挑む!」がもっと早くないと…
 
そうすると、その前の夏ツアーが早くなって………
 
……ぐるっと回って、結局、これくらいで何とかするしかないわけですねー。

まつりだ

先週と今週で、近所は夏祭り。

 
駅の南側と北側で別々にお祭りがあり、今日は南側。
 
学生のころは、北側の太鼓の披露に参加していたので、北のお祭りには出ていたけど、北の祭りが終わるがいなや長野に帰省していたので、南のお祭りを一度も見たことがなかった。
 
大学出てから、南口の露天に出るようになったので、最近になってこっちのお祭りに参加するようになった。
 
夏、鉄板の前に3時間もいるのはなかなかしんどい。
 
睡眠不足もかさなって、かなりしんどい。
 
鉄板の前にいるお兄ちゃんが、実は深夜毎日映像やCGの編集をしているということを、店先に並ぶ人々は知らない(あたりまえ)。

りんく

8月が来ましたね。

雑貨団の軟式公式サイト、雑貨団landscapeにて、シアトリカル・プラネタリウム「ソラヲトープ」の広報が展開中ですが、

 
本日、サイトからチラシもダウンロードできるようになりました!
 
このブログからもついでにリンク!
 
 
 
 
こうしてスケジュールになっているのを見ると、
 
東京→岡山→長野→神奈川→東京 と、なかなか楽しいローテーションです。
これが毎日だったら大変な距離ですが、今年のツアーは、公演と公演の間があまりギチギチしてないので、それなりに余裕があります。
 
あんまり間が空いちゃうと、それはそれで稽古が面倒なのですが。
 
競馬の馬ちゃんと同じですね。
レースが近すぎると休息できずに体を壊すけど、レースとレースが空きすぎると、体調を維持できなくて、実力が発揮できないわけです。
 
今日は映像編集と、チラシづくりで終わりそう。
 
 
なんだか昨日から、微熱で偏頭痛です。
昨日の朝は、起きたときに妙に寝ぼけていて、10年も前に辞めた大学に出勤しようとしちゃいました。ふしぎねー。
 
さあて、そろそろスタッフワークも厳しくなってきたぜー。
 
オラワクワクすっぞ。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ