最近のトラックバック

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

どっちなんだ

夜、帰ってきたら、郵便物の不在票が。

ふたつ。




て、天文宇宙検定と妖怪検定の結果が同時に届きおったーー!

…ですが、忙しくて受け取れない…。

結果のご報告は、もうちょっと先になりそうです。

くだけたー

倉敷科学センターのプラネタリウムエントランスで、雑貨団謹製のご紹介映像がぐるぐるしていることで有名な(?)、アイソン彗星ですが。

太陽に近づいたところで、どうやら核が砕けたみたい。

ありゃりゃりゃりゃー。

こんなにも、観測やそれによる計算や推測が進んでも、太陽に近づいた彗星がどんな風に輝くか、完全なる予測はまだ立たない。

砕けることもたまにある。

反対に、予想以上の輝きをみせてくれることもあります。

アイソン彗星は風向き怪しいですが、まだまだ他のがやってきますからね!


来年からは、天文現象が追えるような生活にシフトしてみせます!

をw

寝すぎて、首が痛い。

 
寝違えたのではなく、まっすぐ寝ていたのに、あまりに深く深く眠ったせいで、同じ体勢でいすぎて痛くなったのだ。
 
なぜ寝すぎたかというと疲れているからで、久しぶりにお休みになったからであるのだけど、休んだせいで首が痛いということになる。
 
休まなければよかったのに。
 
ああ休まなければ首が痛くならなかったのに。
 
キジも鳴かずば撃たれまいに!
 
鞠つき歌でお父は人柱 雉も鳴かずば撃たれまいに。
↑昔話で初めて泣いた。
 
首が痛いので、今日はもう寝ます←

これは

昨日、若井くんにもらいました。

 
Photo_2
 
「人気一 地球侵略」
 
なんだこりゃあ。
 
1
 
メフィラス星人とメトロン星人とガッツ星人が仕込んだ日本酒だそうです。
 
すげえ。
 
「悪質宇宙人」と「幻覚宇宙人」と「分身宇宙人」が仕込んだお酒………大丈夫かな……。
 
子供を拉致した宇宙人と、タバコに幻覚剤を混ぜてバラまいた宇宙人と、セブンをハリツケにした宇宙人のお酒………本当に大丈夫ッ!?
 
まあハッキリと「地球侵略」って書いてあるもんな!!

読み合わせとか

今日は雑貨団集まりの日。

 
「リウマーカイギ。」の準備稽古と、もろもろの雑談。
 
雑談。
 
まったくのところ、雑貨団の「雑」は雑談の雑かも知れない。
 
僕らはバカ話ばかりしている。
 
しかし、このバカ話がないなら、僕はもう雑貨団でやりたいことなど何も浮かばないかも知れない。
 
航空機のパイロットが、ストレスの少ないスケジュールで働くのと同じように、僕にはバカ話や無駄話が必要なのかも知れない。
 
効率を考えて詰め込むことも、実はけっこう好きなのだけれど、それは作業での話で、例えば企画を考えたり、物語の素案を考えている時は、リラックスした状態でいることが大事だと思う。
 
…というのは言い訳で、僕は怠け者で、楽しいことの合間にほんのちょっとだけ仕事するみたいなスタンスで生きていこうとたくらんでいるのに違いない。
 
 
稽古後にみんなで食事に行ったら、サラダを盛るじゃっかるのゆったり加減に、隣でオグが
 
「じれったいなあ……僕あ君といるときが一番じれったいんだ……」
 
と、なぜか加山雄三風に言っていた。
そして
 
「僕あ死ぬまで君を離さないぞ…」
 
と、加山雄三そのものに変わっていった……。
 

すぱいせっと

タマゴの中身がハイテクメカだったら……という想像を、僕はよくする。

 
オモテから見たらまったくの有機的な自然物が、実は人類の英知を秘めた人工物であるというのが、カッコいい……。
 
iPhoneのホームボタンがツルツルでカッコいいのだけれど、このポチッと押すだけの1個のボタンが、実際は4重構造の指紋認証になっているのが、なんとなくそのイメージに近くてカッコいい。
 
人が触れる表面はレーザーカットのサファイアクリスタル。その周りを指を感知するセンサーリングで覆い、その下がタッチセンサーで、表面から送られてきた信号で指紋を読み取る。その下に触知スイッチがある。
 
見た目には今までと変わらないのに、まったく違う技術が詰め込んである。そういうのってカッコ良くないですか?
 
なんとなく、スパイ映画とかのカッコよさに近い気がします。
ベルトにカメラ、メガネにマイク、ボールペンから麻酔銃……。そんな、詰め込んだ秘密……。
 
思えば、今時のスマートフォンなんて、スパイセットみたいなものですよね…。

はくぶつかん

子供のころから、「博物館」とか「水族館」とか「プラネタリウム」とかが好きだ。

 
「なんとかウム」というやつら。ミュージアム、アクアリウム、プラネタリウム。
 
「プラネタリウム」は無理矢理な日本語では「天象儀」というらしいけど、これはどちらかというと、投影機そのものを指す言葉だと思う。一般には「プラネタリウム」といえば、ミュージアムやアクアリウムと同じに施設全体をイメージするだろうから、あえて呼ぶならば「天象館」とでも言うのが近いように思う。
プラネタリウムは博物館や科学館に併設されている場合が多いので、どちらかといえば、「天象室」「天象儀室」ということになるだろうか(「てんしょうぎ」で変換してくれないので、焦れて単語登録…。)
 
次春にリメイク公演予定の「リウマーカイギ。」における「リウマー」とは、僕が勝手に作った言葉で、その「なんとかウム」に関わる人間や、「なんとかウム」を愛する人たちのことを指す。
 
アムロナミエさんのファッションを模擬する人が俗に「アムラー」と呼ばれたように、ファッションセンターしまむらの服を着ている人が「シマムラー」と呼ばれるように、仏教の書物を翻訳する人が俗に三蔵と呼ばれるように。あ、最後の違うわー。
 
 
 子供らしい好奇心から好きだった博物館が、大人になってから「博物館が好き」と発言しても、さほど子供らしいという印象にならないのは不思議。
 
リウマーはこの世に多い。なにかこういう人たちでわらわらと悪だくみ(←いい意味で)をできたらいいと思う。

現代語

今風な言葉遣いに、自分が毒されているとは思いたくないもの。

 
だけど今日「ひつまぶしorうなぎ」と書いてある文字を見て、
 
 
「ひまつぶし なう」
 
と読んでしまってなんていうかガッカリ。
 

なぽ

ナポリにはナポリタンはない。

 
P1060779
 
トマトケチャップはアメリカのものだからね。
 
 
「ケチャップ」ってよく考えてみると変な名前。
 
けちゃっぷ。
アジアっぽいなーと思ったら、東インド奥地のソースとして紹介されていた言葉が語源らしい(諸説ある)。
 
 
イギリスにはキノコのケチャップもあるらしい。キノコ好きな私としては無視できないぜ。
 
 
それにしても今日はパスタを茹ですぎました。
 
最近パスタが多いのは、朝から何も食べずに、晩ご飯が20時を過ぎるので、すぐに食べられるものを追求するとパスタになってしまうから。
 
 
お腹いっぱいのあとは、おいしいコーヒーが飲みたいです。
 
 
「人間の意思の力は、その人が飲んだコーヒーの量に比例する」
ジェームズ・マッキントッシュ

会津から

インターネットで注文したものが、会津から届きました!

 
でも、自分用のクリスマスプレゼントなので、12月になったら開けます!
 
たぶん、すぐに舞台にも使いたくなる………これは人に見せたくなるぜ………
 
会津の木の職人さんがつくったものなのだー。
 
 
「八重の桜」もあとひと月で終わりか……一年て早いなあ……。
 
ある一定のできごとに関しては、「ああーいつまでたっても時間が進まない、早く終われ早く終われ」って思っているのに、また別の方では「ああーあっという間だな、まさに光陰矢の如し矢の如し」なんて思うのだから、人というやつは本当に矛盾している。
 
でも、できるなら、これから先に起こる出来事はすべて、あっという間に過ぎ去っていくような楽しいことばかりならいいと思う。

コトコト

ミニトマトパスタ。

 
P1060775
 
ミニトマトを煮て作るトマトソースのパスタ。
 
これを知ってからミニトマトを買うようになりました。
 
サラダは普段は食べませんので。
 
三食ちゃんと自分で作って食べるような暮らしがしたいなー。

りゅうせい

流れ星を見ました。

 
東に向かって下っていく坂の途中で、上ってくるオリオン座を見ながら歩いていたら、すいいぃーっと。
 
いいことあるといいなーー
 
…っていうより、流れ星をみるって、それ自体がもういいことですよね?
 
いいことあったねー。

ふむあー

1384866197111.jpg

本当ねー、寒くなってまいりましたなー。

どうぶつの森は、土曜日のつり大会に出場できれば「きんのつりざお」が手に入るはずが、一日まったくアクセスできず。


1384866201052.jpg


あららー

ずずでろずずでろずーずでろ

今日は疲れる一日でしたので…

N響アワーで演奏されたブラームスの「大学祝典序曲」は

僕のために放送してくださったのだと思うことにします。

「なんとなくブラームス好きだなー」と思っていたら、最近になって父もなんとなくブラームスが好きであることを知って不思議に思ったものでした。

ま、お互いになんとなーく、ですが。

紙と電子

紙の本には装丁というものがあって、構成やデザインで、内容の印象も随分変わる。

同じ内容なのに、ハードカバーと文庫で面白さが違うと思うときもある。

一方で、電子書籍というやつは、その装丁というやつは、そのコンテンツを再生するブラウザに依存していることが多いようだ。

デザインの自由度が高いアプリケーションならば、文字サイズからフォント、文字と背景の配色などなど、細かに指定することができる。
ただし、それは読み手の希望の反映であり、著者や編者の作意はない。
言ってしまえば、タイミングや味つけまで計算してもてなすコース料理ではなく、希望されている料理を用意して「あとはお好きになさってよね」のバイキング料理に近い。満足は自分で調整する。

どっちがいいとか悪いとかいうことではない。
僕はどちらも便利でどちらも好き。

ただ、著者によっては、細部までこだわって本を「作って」いる人も少なからずいらっしゃる。
ページ組から、紙質や、表紙の質感やデザインなどなど、本をひとつの物理的な作品と捉えて製作される方もいるのだ。

そういう本は、中身の文字を書き写すだけではとうてい作品を再現できない。
「大切なのは中身だ」という意見もあるだろう。だけど、未知の本を買う人は、もちろん積んである本の表紙を見てから手に取るのであるし、過去の名作の表紙を有名漫画家さんが描きなおすだけで売れ行きが変わるのだからバカにはできない。


ケータイからスマートフォンに変えて一ヶ月が経って、新たな画面に変わった半七捕物帳にもやっと慣れてきた。
いまははじめてスマートフォンからブログを更新している。

このブログの見栄えも、閲覧くださる環境によって様々に見えているのだろう。

あっぷでーと!

そうだそうだ、そうだがつお。

ソウダガツオ(宗太鰹)は、スズキ目・サバ科・ソウダガツオ属 Auxis に属するヒラソウダマルソウダの混称である。全世界の熱帯・亜熱帯海域に広く分布する肉食魚で、食用に漁獲される。(wikipediaより。私はwikiが大好きですが全面的には信頼しておりません。)
 
カツオの話はさておき、2〜3日前に、雑貨団サイト更新されました!
 
トップページがカッコいいオグとじゃっかるになったのと(撮影地岡山県倉敷市)、雑貨団紹介ページがちょっと変わって、あと……CGのページがやっとオープンできるようになりました。
 
といっても、画像がちょっと観られるだけですが。しかもウチのCGは動いてないとしょぼいなー。ウゴウゴルーガ以下のCGです。恥ずかしイー。
 
また時間を見つけて、面白ページも増やしていきたいところです。

ちくましょぼうてきに言うなら

「で、あなたは読んだの?」

 
20100209100635
 
本文を読まずに名言ツイッターをリツイートするやつは、畢竟テレビの編集映像に踊らされてるのと同じようなヤツなんだッ!!
 
…なーんて激昂してみましたテヘ。
 
ともあれ、物語というやつは大きな潮流のようなもので、その中の一文というのは、水のひとすくい、あるいはその流れの途中の景観のひとつに過ぎない。
もちろん、その景色だけで完結してしまう素晴らしさもあるけれど、そのひと言が繰り出される背景にあった大河や大海原を知っているなら、その良さもひとしおであろうと思うのですよ。
 
例えばですね、
 
「だが断る」
 
というセリフがカッコいいと思ったら、ぜひジョジョを1巻から読んでいただいてですね、41巻で「これかあ〜」と納得してください!!
そしてむしろそのあとの「まさか……まさかって感じだがグッと来たぜ!!」ってところに感動してください!

疑惑

今日はちょっと長いです。

 

ずっとずっと、拭えない疑問が心の奥底に在る。

 
今日はついにそれを口に出そうと思う。
 
もちろん、「どうぶつの森」のことである。
 
 
俺たちは、もしかしたら、あのタヌキ(たぬきち)に化かされているのではないか。
 
今日はそれについて考えてみる。
 
「どうぶつの森」では、冒頭、自覚もなしにイキナリ電車に乗っている。
 
そしてみしらぬネコの誘導尋問に答えているうちに、村に到着する。
 
そして、なぜだか村長に祭り上げられ、村政を担うとともに、虫取りや漁業、農業などに従事する羽目になるというのが概ねのゲームの流れだ。
 
気になるのは、これらの影にはすべて、不動産業を営むあのタヌキ(たぬきち)の姿が見え隠れしているということだ……
 
村に着くと、まず住所の確定を強要される。
それによって、土地を確保し、家を建てる必要に迫られる。その不動産屋はタヌキである。
 
そして謎の人物の代行として村長になり働くことになるのだが、村役場には犬が一匹働いている。「しずえ」である。
しずえは眠らない。昼も夜も働いている。
 
もう一匹、眠らずに働き続けるやつがいる。モデルハウスの番犬、「ケント」である。しずえとケントは姉弟である。
 
Hni_0009
 
↑夜もひたすら働くケント。たまに喫茶店にいるが、住宅展示場に行くとちゃんといる。
 
 
タヌキの話だが、タヌキには家のローンを支払わねばならない。
家はローンを払うと、部屋数を増やす増築が図られ、それによってふたたび借金を背負うこととなる。ある意味でずっとタヌキの奴隷である。
完済までの総額は7,595,850ベル。イベントモノ以外で手に入るサカナやムシで、最高15000ベルだから、単純計算でも500匹捕まえる必要がある。当然そんな高額アイテムは頻繁に手に入らないので、せっせと漁業、農業、林業(?)にいそしまねばならないのだ。
 
さらに。
この村の中で買い物をするための店は一軒だけである。
つぶきち、まめきちが経営するお店………名前がさす通り、これはたぬきちの傘下にある店である。どう考えても、この店の売り上げはタヌキ一族の懐を温かくするのである。
 
もう一軒重宝する店はリサイクルショップ。
これはアルパカが経営する店で、村や島で獲得した物体はだいたいここで売り払うこととなる。
ここはアルパカの店だから……と思いきや、つぶきちの店はアルパカの店と
 
提携している。
 
話の流れではつぶきちの店の買い取りがアルパカに流れるような口ぶりだが、商品の多くはそもそもつぶきちの店で売られていることを考えると、アルパカの店に売ったものも結局はつぶきちの店に還って売られるような気がする。
 
さらにだ。
ちょっとこのアルパカのサイズがおかしい。
 
Hni_0008
 
ちょっと首の位置が高すぎる気がするし、まるでお面のような色合い……。
このアルパカは、もしや着ぐるみではないだろうか???
中身はもちろんアイツである。タヌキにしてみれば、こんなことは朝飯前のはず。
 
 
つまるところ、この村で何をしても、すべてはタヌキの儲けにつながり、僕たちはタヌキの手のひらの上で踊っているのではないか。
 
では、なぜこんなことになったのか。
 
思い出せないのは、最初に電車に乗っていた時である。
私はいったいどこから来たのか。
みしらぬネコに出会う前、僕たちは何をしていたのか。
 
タヌキの恨みを買うものとして、まず思いつくのは猟師であろうか。
 
僕はもしかしたら猟師だったのか。
猟師としてタヌキを追いつめ苦しめたあげく、タヌキの妖術にかかりこの村へ……。
 
思えば、狐拳の関係を考えると、猟師の自分は非常に弱い立場にある。
狐拳は、いわゆるじゃんけんだが、キツネは猟師に弱く、猟師は庄屋に頭が上がらず、庄屋はキツネに化かされるという3すくみである。
 
しかしこの場合、相手はキツネであるとともに庄屋なのである。タヌキにして不動産業。じゃんけんの手を同時にふたつ持っているなら決して負けることはない。
 
 
自分はもしや猟師ではないかという疑惑は、この世界でさらにある。
 
2匹の犬である。しずえとケント。
宮沢賢治センセイの「注文の多い料理店」でも、猟師は2匹の白い犬を連れているではないか。
彼女らの僕に対する献身ぶり。そして無休というあまりにも過酷なこき使われようは、自分への忠義と、そしてタヌキの恨みをありありと感じる。
 
そして、3000アイテムを数えるこの森の中には、いくつかの武器も散見するのだけれど、どういうわけか銃が見当たらない。
刀だけでかなりの種類があるにも関わらず、手持ちの鉄砲や銃がないのである。
これはやはり、猟銃に因縁があって、それを僕の手に取らせまいというタヌキの策略なのではないだろうか。
 
以上の点から、僕はもしかしたら自分が猟師で、タヌキの報復を受けて現在この村に閉じ込められているのではないかという疑いに至った。
 
ここから逃れるには、どうにかして自分の猟銃を手に入れるしかない。
そしてあのタヌキを……
 
あのタヌキめを……
 
そうして初めてこのゲームは完結し、あわれ囚われの身である愛犬2匹を連れてこの村を出ていけるのではないかと思う。
 
 
まあ、なんていうか、そういうゲームじゃないんですけどね。
 
 
Hni_039

じゃこぱ

昨日つくった煎りじゃこパスタ。

 
P1060616
 
じゃこ、ピーマン、シメジをオリーブオイルとお醤油で。
 
てんやが混んでいて、お腹が空いたまま帰宅して即座に製作。
おいしかったー。

謎のメモ

電車のなかで、メモを拾う。

カサコソ


1384175918031.jpg

「3万出す」

なんでしょうこれ…?

zzZ

今日は午後からのお仕事なので、今はNHKの囲碁を観ながらコーヒータイム。

 
珈琲たいむって缶コーヒーが昔あったような……(検索)あ………まだあった……。
 
 
朝、地震で目が覚めたのですが、いつもならガス止め→窓開け→NHKという手順でテキパキ活動するのですが、今日はまったく起きられず……あまつさえまた寝た……。
 
疲れているのか………
 
あるいは気圧が下がっているからか………
 
 
でも出かけるぜーー!がんばって八重の桜までに帰ってくるぞーー

きむちゃ

キムチチャーハン。
 

P1060614

 
干しエビと、キムチと、シメジ。
 
いつもはキムチも大きめそのままに炒めちゃいますが、今日は大きさを揃えて刻みました。
 
この「深さがいいお皿」は本当になんでも盛りつけできるので重宝します。

もぐる

昨日、執着や欲はよくないと言いましたええ確かに言いましたが……

 
ついに!
 
Hni_0031  
タラバガニを捕まえて……
 
Hni_0033  
でもって……
 
Hni_0038  
Hni_0046  
ゲシシシシ。
 
折よく、愛するラムネちゃんが水族館に来ていて………
 
Hni_0050  
ラムネちゃんが喜んでくれて嬉しいよ……
 
Hni_0051  
かわいいよラムネ……
 
Hni_0053  
いまは末法の世とはよく言ったものだ……あさましや……

きつねつき

ストーカー犯罪のニュースがこのごろ目立ちますが

 
執着(しゅうじゃく)というのはまったく浅ましく、仏法でもいかに執着をなくすかがひとつのテーマでもあります。
 
ただ、これは何かの掛け違えのエスカレートしたものであって、感情としては誰にでもあり得るものなのではないかと思ったりもします。弁護する気にはなりませんが。
 
元交際相手を付け回る、くどく復縁をせまる、そこまででなくとも、好きな人と縁がなく別れて、それでも想いが断ち切れずクヨクヨしたり、果てになんとなくその人を恨む気持ちにもなったりする、そんな体験をお持ちの人はいるのではないかしら…。
 
 だからなんだと言われると困るのですが、世の中で平和的に解釈されている現象ーーー愛し愛され、家庭を築き、子々孫々まで栄えているということと、世の中で眉をひそめられる事件ーーー交際するも別れ、しかし思い切れずやっかいなことを引き起こす………これには、何かの掛け違えとか根本的な何かの問題点を抱えていたにもせよ、根っこには、これらの行動を奮い起こしている同じエネルギーが働いているのではないかと思うわけです。
 
だから仏教では「愛」も執着として解釈されます。仏教では愛よりも慈悲が大切なのです。
 
古い小説ですが、岡本綺堂センセイの「玉藻の前」を読みました。
 
「たまものまえ」、妖怪好き、あるいは歴史好きな方ならおなじみですね、九尾の狐です。
 この絶世の美女に狂わされ、宮中は混乱し、都は荒れるわけですが、1000年前から今でも、人は恋に翻弄されているわけです。
またこの綺堂センセイのお書きになる玉藻が魅力的なんだなこれ!!
 
千枝太郎が妖魔を退けつつも恋心を思い切れないさまは、愚かでもあり、悲しくもあります。
 
人が執着しているとき、それが「欲」であることに気づけないと、相手を思いやる「慈悲」が失われてしまう。千枝太郎の最後には、なんとなく、悲しい慈悲が見え隠れします…。
 
千枝太郎は地獄に堕ちたか、極楽に行けたか……。
 
常々、狐に憑かれないように気をつけていたいものです。
いまどきは人に憑かれることの方が多いようですが。
 

シメパ

きのこどっさりパスタ。
 

P1060608

 
シメジとササミのパスタです。
 
シメジを1年に何株買うんだよというくらいにスーパーで頻繁に購入します。
長野ばんざい。
 
いつか、山で本当のホンシメジを採って食べてみたいです。
 

リウマーカイギ。第2号ギアン。

来年春のシアトリカル・プラネタリウムmission 29は、

 
「リウマーカイギ。」
 
 
 
本日はその初回読み合わせ。
倉敷科学センターの「マッチ棒劇場」の撮影後、およそひと月ぶりに雑貨団の集合した活動です。とはいえ、キャストだけなので今日はおぐじゃっかると3人です。
 
いきなり僕が集合場所を間違えて、タクシーで移動。
 
読み合わせ。
 
再演作品なのですが、やはり2年も経つとほころびもあったり、諸事情で変更する部分も出て来るのですが、ひとまず以前の台本をそのまま読んでみます。
 
 
時間を置いてみると、自分の台本はまだまだ不完全だなあというところが浮き彫りになり、なんだか気恥ずかしい。
 
でも、過去最速に台本が用意されているので、これをじっくり脚色しながら、面白いものにしていけたらと思います。
 

ちずり

チーズリゾット。
 

P1060599

 
高級車エビとパルミジャーノチーズによる贅沢な………
 
え〜、ただいま記者会見があり、高級車エビは中国産の干しエビで、パルミジャーノチーズはただのピザ用溶けるチーズを使用していたそうです。
 
ただし、おいしい!!
 
 
偽装事件があとを絶たないですが……和牛と成型肉の違いって………食べてもわからないのかなぁと……
 
そしてわからないなら……それはそれで………幸せなんじゃないのかなあ……
 
 
「この成型肉を和牛と偽ったのは誰だあ!」と厨房に和服で怒鳴り込む、そういうエピソードで発覚するような事件が起きてくれたら、消費者なめるなという気持ちになりますが、おそらくは内部告発的なもので発覚するのがほとんどじゃないかしら。
 
成型肉は結着剤や牛脂を使うので、アレルギーなどがあったときに問題なのでちゃんとしてほしいですが、味に関して言うなら、おいしかったなら知らないままでいいんじゃないかという気がします。おいしくなければ本物を作っている生産者の方々を貶めることになるのでダメですがね。
 
むしろ気づけよ!という風に思うし、気づけるような自分でありたいし、そういうことをしないお店を選んでいくと結局は大規模チェーンじゃなくて、身近な個人経営とかの方になる気もします。
 
僕が外食するお店なら、よく頼む焼き鳥チャーハンのお肉が、別に偽装でもなんでもないのに、ちょっとマスターの気に沿わないお肉ってだけで、作る前にわざわざ確認に来てくれるんだぜ!
 

やきう

日本シリーズ、ゴールデンイーグルスが優勝しましたおめでとう。

 
普段は別にプロ野球をそんなに観ないんですが、この日本シリーズだけはなんだか見逃せないような気がして、ほとんど観ちゃいました。
 
ラストイニングで昨日完投したのに田中投手が出てきた時は、なんだか涙が出てきました。
 
そして優勝。はじめてプロ野球観て感動したかもしれないです。
 
甲子園大会をみるのは、結構スキ。
高校野球って、トーナメント戦で後がないから、いつでも全力でやってるし、それが伝わってきます。
夏はだいたいシアトリカル・プラネタリウムツアーだからあんまし観られないけど。
 
一方、プロ野球って、トータルでたくさん勝てば優勝できるから、どうしても「余力」を計算するじゃない?プロ野球はそっちの方が伝わってくる気がしちゃう。
 
でも、今日の試合は最終戦だから当然後がないし、そういう条件を差し引いても、本当に全力というものを感じて、感動しました。
 
 
高校野球は高校野球で、若い選手が「今しかない!」って思って取り組んじゃうせいで、将来を棒に振るような故障も起こしかねないから、問題もあるんですよね……ものすごいスケジュールで連戦連投になりますしね………
 
 
でも、舞台ができすぎてて、今日の巨人はちょっと戦いにくかっただろうな…。倒すべき大きな相手って位置づけではもってこいの相手ではあるけれど…。
仙台ホームで、復興を掲げる勢いがあって、巨人が勝ったら勝ったで空気読めないみたいな雰囲気でたかも……。
 
 
僕は楽天でお買い物しませんが、ネットショッピングする方は、これからセールがあるんじゃないですかー?

くちぐせとあいさつ

「どうぶつの森」では、ときどき村民に、挨拶や口癖を考えてくれと依頼されます。

 
今日はざっか村の人々の挨拶や口癖を一部ご紹介します!
 
 
・ボブ
Hni_0008  
…一瞬なんだかわかりませんが……
「このイヌやろうッ」が挨拶です…「ワンダー」が口癖ですが、これはデフォルトのですね。
 
・メープル
Hni_0025  
挨拶「ひとくいグマーーーッ」
口癖「…だけど」
 
・ペンタ
Hni_0049  
挨拶「お、おれじゃねえんだよ」
口癖「ヒョロ〜」
 
・トラこ
Hni_0054  
挨拶「ゆるされないことだけど…」
口癖「ってウソ」
 
↑この口癖を使う限り、何を言ってもウソになってしまう……。
 
・そしてラムネちゃん!
 
 ひとつ前の挨拶
Hni_0037  
 挨拶「いっしょににげましょう!」
 
現在のラムネは…
 
Hni_0010 挨拶「あれから10ねんたって…」
 
この挨拶からはじまると、なんとなく感動的になります。
 
Hni_0033  
なんかうれしい。
 
10年経ってまた会えたっていいね!
実際には毎日会っているんですけどね!

ハッピー昨日!

昨日はハロウィンでしたが、0時過ぎにどうぶつの森を起動したら、もうハロウィン終わってました……。

 
村民にフツーに「どうしたんですか」って聞かれた…。雰囲気カケラもなかった…。
 
かぶりものもアメもしっかり用意してたのに!
 
10月イベント少ないのにまんまと逃しました…。
 
 
そんなわけで11月ですね!
 
私は頭痛がひどいです!
 
アタマが痛すぎて、孫悟空がアタマに付けてる三蔵法師がお経を唱えるとアタマがいたたたたってなるやつの名前が思い出せません!
 
 
思い出しました!
 
「きんこじ」です!漢字で書けないので、検索して貼付けます!
 
「緊箍児」
 
 
ありがとうございました!
おやすみなさい!
 
痛い!

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ