最近のトラックバック

« あさご | トップページ | チャーハ »

いまだに夢みて

平塚市博物館さんで昨年夏、「宇宙を夢みて」というプラネタリウム番組をプロデュースさせていただいたのですが、そのデータを「ドームマスター」なる規格のデータに書き出させていただけるというありがたいお話が。

 
ドームマスターのDVDに書き出しできれば、この規格を備えたプラネタリウムならどこでも、普通のDVDの再生のごとく「宇宙を夢みて」を見ることができてしまうらしいのです。本当?
 
で、せっかくなので、公開が終わってるデータだけど、もう少しポリッシュアップしようというお願いもして、本日より僕はプラネタリウムにコモって作業させていただくこととなりました。
 
Image_2
 
久しぶりにキャラたちと再会。
上の方に見えてるのはプラネタリウムのドームに映っているキャラたち。下のは操作しているディスプレイです。ウィンドウの中の文字が、僕が作業している実行コマンドたち。
 
この作業……時間がかかりそうですが……
 
超楽しい!!
 
中学生の頃からチマチマとシーケンサーの打ち込みとかをしてますが、こういうのは本当に性に合ってるんでしょうね。
 
CGのアニメーションなんかもこういう世界なんですが、プログラムを組んで、それを動かしていくっていうのが楽しくてしょうがないです。
 
しかも、職員でもないのにプラネタリウムを使わせていただけるのはありがたいことです。あっ、でももちろん、平塚市博物館に還元できる作業してる(はず…)んですよ。
 
まだこの館でもドームマスターへの書き出しは実際にやったことがないそうなので、修正を終えたら、今度はメーカーさんとの作業になるのです。
 
完成しても、残念ながら一般公開は予定されてないですが、平塚市博物館の作品として保管されるので、またお目見えできるといいですなー。

« あさご | トップページ | チャーハ »

雑貨団のKEIKO場。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134751/59096535

この記事へのトラックバック一覧です: いまだに夢みて:

« あさご | トップページ | チャーハ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ