最近のトラックバック

« 2014年8月 | トップページ | 2015年3月 »

新天地

僕は一人暮らしをして20年近くになりますが、基本的に自分の部屋が大好きです。

自分の好みの物で満ちていて、自分の都合のいいようにしつらえてあり、自分だけが鍵を持っていて、自分の許可した人間しか入ってくることができない。

ただ「基本的に」というのは、応用的には完全でないという意味からついた言葉です。

応用的には、物件としては、もう一部屋あったらいいなあとか、近隣がちょっとなあとか、希望はあるわけです。もちろん、いまのお部屋も長く住んだだけあって、いいところがたくさんあるし、思い出だって多いのですが。

そして、このたび、そんな応用的にもステキな生活を求めて、お引っ越しをすることになりました!!

東京都町田市から、お隣の神奈川県相模原市へ。都落ちです。ま、もともと町田市を神奈川県だと思っておられる方もいるくらい、町田は神奈川寄りなのですが(最寄り駅がふたっつだけ移動しました)。

このそれぞれの街のことはいずれまた書こうと思います。

引っ越し先の物件が、基本的にも、応用的にも素晴らしい場所となるように、これからしばらく忙しく準備していきたいと思います。

創作スペースの充実が期待できるので、新生活と共に、雑貨団作品もレベルアップしていけるといいなと思います。

雑貨団net

このところブログが休みがちですみません。facebookを春からはじめたら、それとの使い分けが難しくなって、なんだかこちらをさぼりがちです。

インターネットでさまざまな雑貨団の活動をお伝えしていますが、このところそれが分散していて、自分でもそろそろ役割をまとめなきゃな〜と思っているこの頃です。
facebookは、投稿が楽なので、ついつい放り込んでしまいますが、考えていることや、公演の詳しい思惑等々を長く書くのには向いていないと思うので、今後は、長めの文章はこのブログ、日々の些末なことはfacebookという風にしていこうかなーと思案中です。後で書いている雑貨団のfacebookページとは別の、個人のアカウントですが、友達登録しなくても観られますので、よかったらどうぞ

ついでに雑貨団のネット関連のまとめを。

公演や活動情報を公式に発信するのは、雑貨団のホームページである「雑貨団landscape」です。http://zakkadan.net

landscapeがつねに最新情報をお届けするとは限らないのですが、一応、ここに掲載されると公式情報ということになりますので、確定情報が載るということですね。

そして、landscapeとも連動していますが、twitterにも雑貨団のアカウントがあります。https://twitter.com/zakkadan
こちらには、最新情報も載りますが、主に、稽古場やツアー先の稽古風景やOFFショットなどが掲載されます。雑貨団情報の中では、最もくだらないというか、別段ためにもならないことが乗っかっていることが多いのですが、雑貨団の雰囲気を知っていただくには一番かも知れません。

twitterにはもうひとつ、シアトリカル・プラネタリウムのセリフbotというのがあって、これは一定時間ごとにシアプラの過去のセリフを勝手に発信するというものです。現在700近い台詞が登録されています。こちらは情報というよりは余興ですね。https://twitter.com/thea_pla

そして、一番最近はじめたのが、雑貨団のfacebookページです。そもそもこのページをはじめるために、僕個人もアカウントを取得したわけです。
公演情報がスケジュール形式でも公開されますので、「参加」ボタンを押しておくと、備忘にもなり便利です。https://www.facebook.com/zakkadan
「いいね!」が増えるとやりがいも増しますので、よろしかったらお願いします。 

ほかには、YOUTUBEの中に、雑貨団の映像コンテンツをアップしているチャンネルがあります。YOUTUBEの中で「雑貨団」で検索しても出てきます。棒劇場シリーズ過去三作品も観られます。

というわけで、こまこましたことは、日々流れるtwitterを斜め読みし、公演情報は雑貨団landscapeか雑貨団facebookページでチェック。
そしてたまにはlandscapeのホームページからリンクしている、メンバー各自のブログや、映像リンクをご覧いただければと思います。

ツアー終了

ちょっと投稿が遅くなりましたが………

雑貨団シアトリカル・プラネタリウムmission30「ディスカバ〜る!」、無事にすべてのツアー日程を終了しました。

7月21日からはじまった公演が、10月11日に終わるという、団創立以来もっとも長い本番期間となりました。
もちろんその間毎日公演しているわけでもないのですが、本番が残っている以上はずっと稽古して、ずっとキープしないといけないわけで、なんにもない毎日とは違っているわけです。
稽古は5月から始まっていたので、段々と日が長くなって行く春から夏を越え、暑くなり、夏至をまたいで日が短くなって行き、涼風が立つ頃にツアーが終わりました。

公演稽古期間からツアー中には、5月に倉敷科学センターへの映像作品の提供後、6月にプラネタリウム協議会の大会展示があったり、7月から平塚市博物館特別展と番組制作、ワークショップのサポートがあったり、ツアー中に新たに伊那文化会館への映像納品が増えたりと、充実した夏を過ごしました。

 

もう次の準備もはじまっています。
次から次へと進んでいくと、まるでこの作品に感慨がないようにも思われるかもしれませんが、実際は逆で、関わった作品の体験がいいものであればあるほど、次の作品への意欲がわいてきます。

次のシアトリカル・プラネタリウムは来年春予定。
アンドロメダ銀河をテーマとした物語となる予定です。

「ディスカバ〜る!」は、個人的にはさまざまな新しい要素をはらんだ公演でした。新規ツアー先を僕がマネージメントしたのも初でしたし、メンバーの動向にも変化がありました。たくさんの体験を、次の力に変えていけたらと思います。

ご観覧くださった皆様、ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

« 2014年8月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ