最近のトラックバック

« ぎんがろ | トップページ | 悪役 »

ぐーてツアー

さて、ただいま雑貨団は「ぐーてらいぜ!〜博士の秘密の手紙〜」のツアー中です。

 
「ツアー中」と言っても、ホテルの部屋でこの文章を打っているわけではありません。エアコンの効いた自分の部屋で、スパークリングウォーターを飲みながらタイプしています。んぐんぐ。
 
 「ツアー中」とは、とにもかくにも作品の公開初日が過ぎて、千龝樂をまだ迎えてはいない状態。
 実際のところ、初日が開けると作品を安定飛行、ないしはさらなる上昇を目指す状態になり、飛行機と同じで「離陸というトラブルの多い時期は過ぎた」ということになります。
 
 不思議なものですが、初日が開くと、その後の方が作品のことを深く考える時間が長くなります。たぶんオープン前は「とにかくこぎつける」ということが第一義で、文学的な気分にはなかなかならないからかもしれません。もちろん「どんな作品にするか」と考えてはいるはずなのに。
 
 今回の「ぐーてらいぜ!」は、旅の物語です。
 だけど、ロードムービー的に、場所が転々とするような、そういう物語ではありません。
 
 人生の旅。
 
 アインシュタインというまごうことなき天才の人生を追いながら、「天才の気持ち」というものを考える旅になればいいな、と僕は思っています。
 
 観にきたお客さまをどんな景色の場所に着陸させようか、ということを考えるのが、演出を担当する人の一番大きな仕事です。
 
 公演の、上演の、1回1回の着陸。飛行機でも着陸は離陸に続く危険なミッション。
 
 決して難しい気持ちになってほしくなくて、いつもいつもコメディですが、ほんのちょっとだけ、観にきた方が眠る寸前に
 「だけど、あのシーンで、なぜ……」
 
 というような罠が、うまく発動するような作品をいつか完成させたいものです。
 
 私たちの旅はまだまだ続きます。

« ぎんがろ | トップページ | 悪役 »

雑貨団のKEIKO場。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134751/62129604

この記事へのトラックバック一覧です: ぐーてツアー:

« ぎんがろ | トップページ | 悪役 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ