最近のトラックバック

« 2016年3月 | トップページ | 2017年1月 »

メ☆テ☆オ焼津

9月22日は静岡県のディスカバリーパーク焼津天文科学館公演でした!!

コニミノのプラネタリウムの本番は久しぶり?

_1110621
 
 
まずは8月、平塚公演の翌日に、ライブキャストメンバーで焼津に会場下見に出かけました。
Img_0370
 
去年、豊田公演の帰りに立ち寄って以来、およそ1年ぶりです。
 
ディスカバリーパーク焼津さんは、初公演の雑貨団をとてもプッシュしてくれていて、イベントが毎日毎週毎月目白押しの館なのに、雑貨団のポスターやPVを各所に設置して宣伝してくれていました!
_1110478
 
ありがたやー。
 
_1110483
 
初公演の際は、お互いにわからないことが多いので、できるだけ下見に伺って、疑問点を減らしておきます。
ステージの広さ、客席の見切れ、出入りのルート、電源の場所、電力、照明の設置位置、プロジェクターの規格、各ケーブルの引き回しの距離……。
 
劇場公演なら当然あるものも、プラネタリウムツアーでは毎回確認が必要になります。会場スタッフの皆さんも、演劇公演の経験などない方がほとんどだから、できる限り不安点を減らして臨みます。
 
実は焼津は、今回のメインキャストのひとり、リベロくんの出身地。
 
リベロくんには広報にもずいぶん協力してもらって、おかげさまで初演にも関わらず多くのお客様に集まってもらえました!新聞にも焼津出身と載ってたw
 
_1110592
 
リベロ(左)とCGのランデブーもばっちり。
 
_1110605
 
僕はいつも客入れのときから会場にいるので、リベロ関係者が下手の前の方に集まっているのがわかっていたのですが、彼は本番中はあまり客席を気にしないで演じているそうなので、そのことには気づかなかったようです。
 
でも終演後はリベロくんに長蛇の列。囲み取材みたいになっていました。
僕が長野で公演してもあんなことにはならないから、彼がいかに地元を大切にして今まで付き合ってきたかがわかる一コマでした。
 
焼津はご飯もおいしいし、人もあったかいし、距離的にも辛くないし(笑)、大好きな町になりました!
下見の時に、焼津の原さんにお昼に連れてっていただいた港の食堂。
Img_0382_1
 
打ち上げで行ったお店で初めて食べた「ながらみ」という貝も美味しかった!
 
そしてさかなセンターで写真を撮るおじさんたち。
Img_0388
 
念のため触れておくと、リベロくんが着てるのは静岡・清水エスパルスのユニフォーム。地元愛。
 
翌日は焼津小泉八雲記念館へ。
 
Img_0835_1
 
八雲が夏の休暇を多く過ごし、気に入っていたという町、焼津。
妖怪好きとしては、多くの怪談話の名作を残した八雲の記念館は見逃せないスポットです。
 
 
見逃せないといえば、去年リベロくんに紹介してもらって以来、メンバーがみんな大好きになったのが、「炭焼きさわやか」というハンバーグ屋さん。
Img_0778_1
 
静岡県内にいくつもチェーンのある有名店ですが、雑貨団は下見、本番と合わせて3回行きました!
 
さてさて、ツアーは長野、平塚と会場がフラットなプラネタリウムの前半戦から、傾斜しているスタジアムタイプの後半戦に入り、焼津の翌週からは、瀬戸内ツアーと呼ばれていた香川、岡山公演へと続きます!
 
 
……余談。
 
焼津滞在中、リベロくんは実家帰省でしたが、メンバーはホテル泊。
本番終了後は、お約束のゲーム大会!
雑貨団イチオシのゲームはNintendoDSの「アルキメDS」という大喜利ゲームで、時間を忘れて盛り上がるのですが、爆笑のピークは、雑貨団イチのゲーマー、じゃっかるくんの大技が炸裂した瞬間。
 
Img_0828_1
 
操作に熱中するあまり、間違えて電源を切ってしまうという珍事。
しかもひとりが落ちると全員やり直しになる。
 
Img_0827_1
 
全員が撃沈された瞬間でした。
 
わたしたちはいつも仲良し。ふふふ。

メ☆テ☆オ平塚

8月26日は平塚市博物館公演でした!

 
_1110457
 
「メ☆テ☆オ」はドームの星空とキャストだけでなく、ドームに映し出される映像、そしてキャストと同じ目線に投影される映像も組み合わされた作品。写真右に見えているとおり、映像や照明、音響の操作ブースも舞台上にあって、演技と並行して操作しています。
 
雑貨団が本番を撮影した映像や写真では、なかなか星までは写らないのですが、いつも平塚では藤井さんが星まで写る感じに撮影してくださいます(そしてさりげなく「これ今日の写真です」とCD-Rをくださる)。
 
プラネタリウムの操作をしてくれる塚田さんは、かなり台本をくんだ操作をしてくださり、全ツアー中でもっとも「演技」をしてくれるプラネタリウム会場のひとつです。
たとえば宇宙船のシーンでも、船の進行方向やスピードに併せた操作をしてくれたり、衝撃や揺れなんかも意識して、物語を立体的にしてくれます。
 
シアトリカル・プラネタリウム最古の会場は長野市立博物館ですが、最多の公演会場は平塚市博物館。
雑貨団にとって、ホームのような会場です。
 
_1110451
 
常連のお客様もたくさん来てくれて、楽しい公演となりました。
 
終演後は、駅前で打ち上げ〜。
 
Img_0357
 
平塚の塚田さんが来ているのは雑貨団Tシャツ。いつも公演の時は着てくれています。
 
いろんな人に支えられてツアーはできている。そのことを忘れずにいたいものです。
 
ツアーはここからひと月近くぽっかり空いて、次は9月22日のディスカバリーパーク焼津。
 
実はこの平塚公演の翌日、出演メンバーは焼津まで下見に出発!!

メ☆テ☆オ長野

遅ればせながら、雑貨団シアトリカル・プラネタリウムmission34「メ☆テ☆オ」ツアー、無事に終了、ありがとうございました。

 
各公演地のこと、ちょっとずつ振り返っておこうかと。
 
まず、初日は8/20長野。
 
シアトリカル・プラネタリウムのはじめのうちは、長野がお盆のころに当たることが多くて、8月末の平塚と並んで、決まりごとのようになっていたけれど、このごろは流動的。今年は8月前半の公演がなかったので、やや遅めの初日となりました。もはや夏のツアーというよりも、秋に掛かっているところのほうが多いですね。
 
長野は僕にとっては大切な故郷の公演。
96年以来、メンバーが移ろいながらも、欠かさず長野市立博物館で公演をし続けられていることに感謝です。
 
_1110308
 
なんども同じようなことを書いているけれど、大学生時代にこの公演を始めた自分に、今も続いているということを教えてあげたらきっとびっくりする。
観に来たら面白いと思ってくれるだろうか。
 
今回映像で出演してくれた服部おまちゃんは、同じ長野の出身。なんと雑貨団を子供の頃から観に来てくれていたのだとか。
そして高校演劇を経て、都内で社会人劇団に入団、今回雑貨団の出演者募集に応募して、ついに長野公演で投影されたのでした。
 
ついに自分の公演が他人様の人生を狂わせてしまうという快挙を達成。
でも、こんな出会いも長く続いたからこそだと思うと、嬉しいものですね。
 
そして長く続くと、別れもつきもの。
今まで雑貨団でも、多くのメンバーが退団(あるいはフェードアウト)というかたちで去って行ったけれど、今年1月には、名誉団員であるBENさんが、死というかたちで遠くにいってしまいました。
長野に住んでいて、長野公演のたびに栄養ドリンクを持って楽屋見舞いに来てくれたBENさん。
僕にとっては高校生の頃から、多大な影響を受けてきた、尊敬すべき人。
明るく、楽しく、そして創造的だったBENさんは、雑貨団のイズムを形成してくれたかけがえのない人でした。
たぶん、これからもきっと、BENさんと一緒に旅をする。僕はそう思っています。
…で!
終演後、制作のにしこと、ゲストのおまちゃんは別行動になり、公演翌日は千曲市のマレットゴルフ場へ!
_1110381
_1110382
2チームに分かれて、1コースを回りました!!
 
天気が良すぎてめちゃめちゃ日焼けした!!
 
僕は実家に泊まったのでよくわかりませんが、オグ、じゃっかる、リベロが泊まった旅館は、かなり歴史のある古い旅館で、いろいろと趣深いところだったようです。
 
前後しますが、メ☆テ☆オでは、天狗もかなり関わりがあったので、キティパークという謎の8mの天狗の像があるところにも行きました。
_1110361
ウルトラマンメビウス風のポーズで天狗と戦うオグ。
 
ご時世で、リベロくんは天狗のジムのジムリーダーになりました。
_1110375
 
これ、何年か後には「あったなあポケモンゴー」ってことになってるのかな。
それとも習慣のようにまだやってるのかな。
 
僕はやってないけど……。
長野への移動、実は、ちょっとしたトラブルが。
小さな自動車事故が発生し、2台体制の車の1台は大幅に遅れて到着。
私の車は先に着いたので、荷物を降ろしたり、打ち合わせをしたりと雑用を済ませて後発車を待ちました。
幸い怪我などは一切なかったのですが、20年のツアーで事故はこれが初。
初にして最後にしたい。
これからも気をつけて旅をしたいものです。
 
この長野公演から一週間後、次なる公演地、平塚市博物館公演に旅は続きます!

« 2016年3月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ