最近のトラックバック

« メ☆テ☆オ長野 | トップページ | メ☆テ☆オ焼津 »

メ☆テ☆オ平塚

8月26日は平塚市博物館公演でした!

 
_1110457
 
「メ☆テ☆オ」はドームの星空とキャストだけでなく、ドームに映し出される映像、そしてキャストと同じ目線に投影される映像も組み合わされた作品。写真右に見えているとおり、映像や照明、音響の操作ブースも舞台上にあって、演技と並行して操作しています。
 
雑貨団が本番を撮影した映像や写真では、なかなか星までは写らないのですが、いつも平塚では藤井さんが星まで写る感じに撮影してくださいます(そしてさりげなく「これ今日の写真です」とCD-Rをくださる)。
 
プラネタリウムの操作をしてくれる塚田さんは、かなり台本をくんだ操作をしてくださり、全ツアー中でもっとも「演技」をしてくれるプラネタリウム会場のひとつです。
たとえば宇宙船のシーンでも、船の進行方向やスピードに併せた操作をしてくれたり、衝撃や揺れなんかも意識して、物語を立体的にしてくれます。
 
シアトリカル・プラネタリウム最古の会場は長野市立博物館ですが、最多の公演会場は平塚市博物館。
雑貨団にとって、ホームのような会場です。
 
_1110451
 
常連のお客様もたくさん来てくれて、楽しい公演となりました。
 
終演後は、駅前で打ち上げ〜。
 
Img_0357
 
平塚の塚田さんが来ているのは雑貨団Tシャツ。いつも公演の時は着てくれています。
 
いろんな人に支えられてツアーはできている。そのことを忘れずにいたいものです。
 
ツアーはここからひと月近くぽっかり空いて、次は9月22日のディスカバリーパーク焼津。
 
実はこの平塚公演の翌日、出演メンバーは焼津まで下見に出発!!

« メ☆テ☆オ長野 | トップページ | メ☆テ☆オ焼津 »

雑貨団のKEIKO場。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134751/64506832

この記事へのトラックバック一覧です: メ☆テ☆オ平塚:

« メ☆テ☆オ長野 | トップページ | メ☆テ☆オ焼津 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ