最近のトラックバック

« メ☆テ☆オ焼津 | トップページ | メ☆テ☆オ倉敷 »

メ☆テ☆オ高松

10月1日は香川県高松市の、さぬきこどもの国公演でした!!

 
_1110765_2
 
ここまで雑貨団は15館ほどのプラネタリウムをツアーしてきましたが、本州以外の会場は今回がはじめて!!
 
さぬきこどもの国は、高松空港のすぐ近く。施設から飛行機の離着陸が見えるところは、以前公演した伊丹のプラネタリウムに少し似ています。
 
Img_1010
 
遊具のあるお庭が広々と広がっていて、こどもの国の名の通り、たくさんの子供達が遊んでいました。
 
初会場ながら、下見に行くには距離があるため、図面や問い合わせで準備をし、入館。雑貨団公演は初演が一番難しく、イメージのしにくい「プラネタリウムでの演劇」は、乗り越えるべき問題がたくさんあるのですが、さぬきこどもの国さんから、細かな質問や打ち合わせをしてくださり、安心して高松入りできました。
 
出演者は会場入り前日に倉敷科学センターでリハーサルを済ませ、会場入り日に制作の柴原くんも合流して、会場入り。
 
下見なしだったために不安だったケーブル周りの心配も解消し、順調なリハーサルでした。念のため購入した30mの音響ケーブルも使わずに済んでしまいました。
 
Img_1026_3
宿泊は栗林駅の見えるホテル。すごいところにホームがある。窓から駅を観ながら、映像の手直しをします。
_1110757
 
当日。
 この日は終演後に移動になるため、うどんを食うなら今。駅の近くの手打ちうどん屋さんへ。
 
じゃっかるくんとうどんを食べて、近所の喫茶店でコーヒータイム。ゆったりとした朝です。
Img_1002
昼間見るとよりいっそうすごい駅。
_1110762
 
 さて、この会場だけは事前予約のない、当日整理券のみの公演だったので、フタを開けてみるまでどれだけのお客様がみえるのかわかりませんでした。
 しかし整理券発行で100人を超え、初の会場としてはなかなかの滑り出し。
 
 さぬきこどもの国はホールもあるため、楽屋もしっかり備えてあり、お借りした楽屋も快適。念のため泥棒よけに衣裳を人に見えるようにのぞき窓側に吊るしてあります。
Img_0991
 
 本番は、初めてならではの緊張の中、おおきなトラブルもなく、無事に終了。
 たくさんのお客様においでいただき、本当にありがとうございました。
 
 さぬきのスタッフさんとも打ち解け始めたところで、片付けも終わり、移動の時間に。今度はもっと長く居られるようにしたいものです。
 
 なんと翌日は倉敷科学センターの本番。
 
 香川から橋を渡ってお隣の岡山に移動中、せめて少しは四国らしいところを見ようと四国霊場のひとつ、天皇寺に参詣。
 水曜どうでしょうファンのリベロくん感激。
Img_1016
 
 さて、この翌日はいよいよツアーファイナルの倉敷科学センター公演です。

« メ☆テ☆オ焼津 | トップページ | メ☆テ☆オ倉敷 »

雑貨団のKEIKO場。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134751/64727643

この記事へのトラックバック一覧です: メ☆テ☆オ高松:

« メ☆テ☆オ焼津 | トップページ | メ☆テ☆オ倉敷 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ