最近のトラックバック

« 2017年3月 | トップページ

どこで、なにを

夏の今頃は、いつもお芝居の準備をしている。

雑貨団のシアトリカル・プラネタリウム公演の準備を。

雑貨団という名前で公演をはじめてからもう20年もたってしまって、今更ながら、どうしようと思ったりもする。

20年も続いたことは素晴らしいことだけれど、20年なりの体裁が整っているかというと、ちっともそんなことはない。それが今更の「どうしよう」であり、これからの「どうしよう」でもある。

そもそも「ちゃんとする」ことが苦手だったのだ。
だから本当に、社会的な意味で体裁というやつが整ったチームになるには、「ちゃんとしたひと」との出会いや、「ちゃんとすること」の取り組みが必要だった。

だから雑貨団はちゃんとしないまま、今夏もツアーがはじまろうとしている。

このちゃんとしてない雰囲気を愛してくれることを期待していること自体が、ちゃんとしてない人間の思考である。

お客さんと向き合うその瞬間だけは、誠意全開でがんばろう。そうでなきゃ20年もやらせてもらってる礼が尽くせないではないか。

« 2017年3月 | トップページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ