最近のトラックバック

顔認識

シロちゃん(←カメラ)のデータはiPhotoで管理してるのですが、顔認識して、人物ごとに分類してくれる機能がついています。

で、たま〜に、よくわからないと判断されると質問されます。

20140618_95853

こんな風に。

なんか自分で聞いてて面白い……。

あ、つまり、この吹き出しに勝手なセリフを入れれば……。

20140618_95959

面白い。

ただしこのままリターンしちゃうと、この人の名前は「ああ…柴漬け食べたい」ということになってしまう……。

とある物件

Imparsdb8euukms20fmrwm6iigwwehm0wu

 
 
こ、これは………。
 
20140412_122124

ふ‐しん【不信】

    信じないこと。信用できないこと。「―の念を抱く」「政治―」
    誠実でないこと。偽りの多いこと。不実。「―行為」
    信仰心がないこと。不信心。「―の徒」
    デジタル大辞泉より
1の意味から考えれば、不審者とほぼ同義と考えられる?……でも、この場合は不信であるのは、その本人かも知れないから、信用できない人というより、信用していない人ってことになるのかな?
 
むしろ2の方が、不審者に近いか……。それに、確かに、住んでいるところに誠実でない人が入ってくるのはイヤかもしれない。
 
そして3。不信心の者。こっちの方がはっきりしてる気もする。なにせ、「不信」者でもいいし、「不」信者でも通るんじゃないかしら…。
 
えーと、回りくどいことを書きましたけれど、
 
 
不審者
 
って書きたかったんですよね?管理人さん?

平塚らいてう

先日平塚に行った時に、弦斎カレーパンを購入〜。

 
Ca_rvmytyb3ecwjw_4bvqy8iq8nrbmxzdc
 
おいしい。
 
ファインのマスターにも差し入れ。
 
そしてファインで、長野出身の小林さん(僕ではない。長野は小林が多い)のお土産「雷鳥の里」をいただく。
 
「雷鳥の里」には、必ず一箱に一枚、雷鳥ちゃんが入っている。
 
雷鳥ちゃん ↓
6svuwudub0h5mpug3vnck4fnyoyantik4p
 
雷鳥ちゃんアイスカフェオレを飲む。
 
かわいい。

これはどっち…?

僕が好きなパラドクス…というか単純な矛盾は

 
下の文章が正しければ「 」に○、間違っていたら×を付けよ
「 」←ここに書いてあるのは×である。
 
というやつ。
 
なんですが。
 
今日、アベちゃん(←クルマ)に向かって歩いている途中で見かけた標示。
 
Image
 
これは……いま、公開してるの?してないの?

謎の物体

これは、雑貨団のアベちゃん(←クルマ)の駐車場を上空から撮影したものですが………僕が撮影したわけじゃないですが………。

 
Photo_2
 
真ん中の駐車場の右下に、紫色の謎の物体が写り込んでいます。
 
マウスカーソルみたいだけど、これはスマートフォンのスクリーンショットなので、マウスではありません。
 
謎の発光体です!
 
数日後に、同じ場所をもう一度見たら、この物体は消えていました……。
 
 
なんじゃらほい。

じんじゃー

五日に詣でた武水分神社(たけみずわけじんじゃ)です。

 
P1060956
 
このごろ、あの屋根に付いてる千木が気になります……。
 
島根県のゆるキャラ、しまねっこのアタマにも付いてるアレです……。
 
東京ドームで開催される「ふるさと祭り」にしまねっこもいるらしい。去年は僕も東京ブースにいたのですが。
しまねっこと写真撮りたいぜ……。
 
 
P1060963
 
神社の算額奉納。なかなか立派。
 
夏に行った倉敷の神社にも年季の入ったのがありました。

山には

冠着山には、ウチの死んだ犬、カイが眠っております。

 
P1060919
 
昨日、その埋めてある辺りに行ってみると、しんとしていました。
 
P1060925
 
P1060928
 
P1060935
 
P1060942
 
鳥が時々鳴く。雪が時々落ちる。それ以外は本当に音がしない。
 
ひとりで山に分け入って、いい加減長いこといたせいで、戻ってきた時に、母は「カイに連れて行かれたのかと思った」と言っておりました。
 
僕の知る限り、そんなことは起きそうにありません。
 
彼岸にいったものは、みんな楽しく暮らしている。
 
P1060910
 
手前の足跡はおそらくウサギで、奥のは尾を引いているからテンか何かでしょうか。
 
死んだイヌは埋まっているのみです。
 
 
今でも僕が寝過ごすと起こしに来るのは不思議でなりませんが。

P!

月夜の晩に ボタンが一つ
波打際に 落ちていた。

それを拾って、役立てようと
僕は思ったわけでもないが
なぜだかそれを捨てるに忍びず
僕はそれを、袂に入れた。

 
とは、僕が中学生の頃から愛読する詩人、中原中也さんの「月夜の浜辺」ですが………
 
Photo
 
月夜の晩に ピップエレキバンがひとつ
スーパー三和に 落ちていた。
 
というのが、どうでもいい今日のできごとです。
 
もちろん袂に入れたりはしません。
 
 
…「八重の桜」が終わって、ヒマな日曜の夜であります。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ